観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

発酵食で自ら発光する 滋賀郷土料理「鮒ずし」

発酵食品の聖地・滋賀へ

健康や美容など様々な効果があり、腸内環境を整える発酵食品。今改めて注目を集めているが、一年を通じて湿度が高く、琵琶湖や里山が豊かな滋賀県では古くから発酵文化が盛ん。酒や味噌、漬物はもちろん、様々な発酵食品があり、まさに聖地のよう。

数ある発酵食品の中でも、滋賀の代表格と言えば「鮒ずし」。

東京生まれ、東京育ちにとって鮨といえば、江戸前鮨。酢飯に魚介類のネタを載せた握りや巻物。ネタは新鮮でなきゃいけない。

だから大人になって滋賀県の宿で、初めて鮒ずしを食べたときは2つのことで驚いた。ネタは発酵していて独特の匂いと味がするし、飯は食べるためじゃなくて、漬けるために使うということに。

鮒ずしは、琵琶湖でとれるニゴロブナを塩引きし、飯と一緒に漬けることで乳酸発酵させたもの。保存食として食べられてきた。発酵に使った飯は「いい」と読ませ、鍋料理などに使い、酸味を加えることもあるそう。

鮒や鱒などの魚を乳酸発酵させてつくる鮨を「なれずし」と呼び、日本各地にある。江戸前鮨が発明されるまでは、むしろ各地のなれずしが主流だった。今では郷土食の色合いが強い「なれずし」だけど、郷土食であればこそ、その土地を訪ね、景色や風土の中で食べてみたい。発酵食品で身体の内から発光する滋賀へぜひ。

滋賀県観光に関するお問い合わせ

滋賀県商工観光労働部観光振興局
電話 077−528−3743

滋賀県 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ