観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

晩秋から冬が見ごろ 湯郷温泉を包む雲海

「上山の棚田」も

湯郷温泉に来たら当然、山や田畑の見どころは欠かせない。春夏秋冬、季節に移ろう自然美を各所で眺められる。

湯郷温泉から約8分車を走らせて「大山(おおやま)展望台」へ。標高340メートルのこの地からは、眼下に湯郷温泉街と吉野川を一望。遠くには県最高峰の後山、那岐山、果ては津山盆地の向こうまでパノラマの風景が見渡せる。

雲海は、晩秋から冬の特別な光景。冷え込んだ早朝、雲海が山間に立ち込め、神秘的な風景を描く。温泉街から近いため、寒い朝でも安心して出かけられる。鮮やかな紅葉が映える秋の日中も見ごたえ十分。

大山雲海

大山展望台から望む雲海

美作市上山地区を訪れると、「上山の棚田」。かつて8300枚もの棚田があったと言われるところで、近年は再生活動が進み、美しい風景が次第に復活した。フォトジェニックスポットとしても人気が高く、訪れると“日本の原風景”に目を奪われるはずだ。

岡山県美作三湯 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ