観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

宮津の新拠点で海の幸味わう 漁師町ととまーとがオープン

宮津の味、ここに集う

宮津市に新しい観光拠点施設「宮津天橋立漁師町ととまーと」が11月21日にオープンした。施設名の通り、テーマは「魚介」。新鮮な海の幸が味わえる店舗が並び、宮津の味を伝えていく。

宮津市食品卸売センターを市が改修。宮津湾で獲れた魚介を扱う鮮魚店をはじめ、魚介レストランやスイーツ店、体験施設など6店が入居し、約60席のフードコートスタイルで各店自慢の味が楽しめる。

漁師町ととまーと

施設内のフードコート

場所は宮津市街地と天橋立文殊地区のほぼ中間。海に面する漁師町に立地する。

営業は9―18時。

北近畿丹後宮津 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ