観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

至福の冬がやって来た(1) 宮津の郷土料理「ブリしゃぶ」誕生40周年

日本海の旨味を凝縮、冬の目玉料理に定着 宮津旅館組合はCP展開

丹後宮津の冬の目玉「ブリしゃぶ」。宮津が誇る郷土料理は、今年で誕生40周年を迎えた。日本海の冬の旨味を詰め込んだ寒ブリをサッと湯にくぐらせて…。あっさりしながらも味は濃厚。ブリしゃぶを味わわずして、至福の冬はない。

丹後の寒ブリは12―2月に大敷網漁で漁獲され、大きいもので体長1メートル、重さ10キロを超える。ブリしゃぶは日本海の荒波でもまれて締まった身を薄造りにして昆布だしにサッとくぐらせ、ポン酢につけて口に運ぶ。甘味、脂、締まった身。天然の寒ブリの濃厚な脂と旨味を直感的に味わえるというものだ。

ブリしゃぶ

地元にも観光客にも愛されて
今や定番料理になった「ブリしゃぶ」

ブリしゃぶ誕生は1978年11月。宮津・天橋立旅館組合青年部が地元名産のブリをカニに並ぶ名物料理として世に送り出そうと、出世魚のブリにちなみ「出世鍋」と命名し誕生させた。寒ブリは、刺身や焼物など家庭料理の定番だったが、インパクトをもたせようと「しゃぶしゃぶ」スタイルを考案。当初は地元の宴会でも注文がないほどだったが、会席料理の一品として小鍋で提供したところ地元客からも観光客からも喜ばれた。その後PRなど地道な活動を続け「ブリしゃぶ」の名が定着。今の地位を確立させるに至った。

ブリしゃぶは宮津市内などの旅館ホテル、民宿、食事処などでフルコース、御膳が味わえる。

宮津天橋立観光旅館協同組合は2019年3月末まで「ブリしゃぶ」の宿泊プランの利用客を対象に抽選キャンペーンを実施。各宿で配布される用紙で応募すると、組合加盟施設で使える宿泊券が当たる。「お殿様コース」が3万円分、「ご家老コース」が1万円分、「お侍コース」が3千円分。宿泊券の利用期間は19年4月―20年3月。

プランの対象宿泊施設は、清輝楼▽茶六別館▽茶六本館▽玄妙庵▽文珠荘▽松露亭▽対橋楼▽Hotel&Resorts KYOTO-MIYAZU▽つるのや。

北近畿丹後宮津 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ