観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

明治維新150年の大河ドラマ「西郷どん」(1) 時代を切り開いた英雄描く

幕末を愛で駆けた西郷隆盛 薩摩が生んだ稀代の“モテ男”の生涯

「西郷どん」と書いて「せごどん」と読む。西郷隆盛のことを地元の人々が親しみを込めて呼んだ名だ。倒幕を果たし、維新を完遂させた“維新のヒーロー”は、実は脇が甘く、うかつだったと言われている。しかし彼の周りにはいつも人が集まり、笑顔と愛に満ちていた―。

1月7日に放映が始まった今年の大河ドラマ「西郷どん」は、幕末という動乱の時代に薩摩藩、今の鹿児島県に登場し、倒幕から維新、そして西南戦争へとなだれ込む波乱に満ちた隆盛の生涯を描く。

隆盛は薩摩の下級武士の家に育ち、貧しさも生まれ持った豪快さと愚直さで笑い飛ばす青年時代を過ごす。そんな姿が薩摩藩主・島津斉彬の目に留まり、江戸や京都を奔走するなか薩摩でも重要な存在となっていく。そして2度の島流しと3度の結婚、勝海舟や坂本龍馬といった盟友との出会いを経て、長年続いた徳川幕府を転覆させ、明治維新を完遂。しかし明治新政府から逆賊とみなされ、地元薩摩で最期を迎える。そんな波乱とも激動ともいえる人生を、ドラマを通して追っていく。

その物語の根底に流れるのは「勇気と実行力」で時代を切り開いた、愛すべきヒーロー像。そして“親しみ”だ。日本の歴史上、英雄と呼ばれる人物は数多いが“親しみ”を強く感じさせる存在は稀有。冒頭に記したように親しみやすく、誰からも愛される人柄から、男にも女にも“日本史上最もモテた男”と呼ばれる西郷隆盛。人、故郷、国、民に対し “見返りを求めない愛”を与え続けた男の姿から、現代に生きる人は何を感じ、何を学ぶか。

物語は鹿児島薩摩をはじめ京都、江戸など幕末・維新の主要舞台を中心に展開していく。ゆかりの各地では、この歴史にスポットを当てた取り組みを展開、盛り上げを図る。

放送は全47回。毎週日曜、NHK総合で20時から、NHKBSプレミアムで18時から。再放送は毎週土曜、NHK総合で13時5分から。

鹿児島西郷どん 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行石川編

新幹線開業でもはや首都圏からも流れが確立された北陸。2023年には敦賀延伸も予定されており北陸...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ