観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西郷(せご)どん」を世に送り出した。維新きっての英雄、西郷隆盛を主人公に、新時代を切り開いたヒーローの人生を描く。隆盛が率いた薩摩藩、今の鹿児島県を主要舞台に激動の時代を生き抜いた男の物語は現代に何を問うか。ドラマから、そして現地への旅から、笑いと愛と波乱に満ちた隆盛の魅力に迫りたい。

明治維新150年の大河ドラマ「西郷どん」(1) 時代を切り開いた英雄描く

18/02/02

幕末を愛で駆けた西郷隆盛 薩摩が生んだ稀代の“モテ男”の生涯 「西郷どん」と書いて「せごどん」と読む。西郷隆盛のことを地元の人々が親しみを込めて呼んだ名だ。倒幕を果たし、維新を完遂させた“維新のヒーロー”は、実は脇が甘く、うかつだった...

明治維新150年の大河ドラマ「西郷どん」(2) 多士済々の出演陣

18/02/02

隆盛は鈴木亮平さんが熱演 「西郷どん」の原作は林真理子さん、脚本は中園ミホさんという人気女性作家がタッグ。隆盛を取り巻く世界を女性視点で表現する。皆に愛された隆盛という人物の魅力を生き生きと描く。 主人公・隆盛(吉之助)を演じる...

西郷隆盛銅像

「西郷どん」の舞台を旅する(1) 西南戦争最終地・生誕地

18/02/02

西郷隆盛の生誕地であり人生終焉の地でもある鹿児島市を中心に、鹿児島県内各地に隆盛ゆかりの地が点在している。隆盛が生きた薩摩の歴史と風土に触れ、物語の背景に深く迫る。「西郷どん」の舞台・鹿児島県へ隆盛の足跡を訪ねる旅が、きっと今年のトレンドに...

仙巌園

「西郷どん」の舞台を旅する(2) 温泉・島津家ゆかりの地

18/02/02

温泉 隆盛愛した湯のまちへ 隆盛は療養の傍ら、狩りや釣りも楽しめることから大の温泉好きだった。県内各地へ湯治に訪れており、もっとも通った日当山(別掲)や、日置市・吹上、指宿・鰻、湧水町・栗野岳など秘湯を楽しんだ。これらの地には隆盛が訪...

西郷どん大河ドラマ館

鹿児島市に「大河ドラマ館」開設 セットや衣装を展示

18/02/02

シアターやクイズも 多角度から魅力に迫る 毎年、大河ドラマの舞台となる地域が設ける定番の「大河ドラマ館」。今年の「西郷どん」では、もちろんその舞台は鹿児島県になる。鹿児島市に1月13日にオープンした「西郷どん 大河ドラマ館」は展示や映...

西郷どんの宿

隆盛の湯治場へ 霧島日当山温泉に「西郷どん村」

18/02/02

往時の家屋を復元「西郷どんの宿」 西郷隆盛がよく訪れていたという湯治場・鹿児島県霧島市の日当山(ひなたやま)温泉に2017年12月10日、観光拠点施設「日当山西郷どん村」がオープンした。隆盛が宿泊した家屋を復元し、往時のたたずまいを再...

九州新幹線

かごしまへ、どーん! 県とJR3社が鹿児島旅CP

18/02/02

「新幹線クジ」や旅行プランで盛り上げ 鹿児島県とJR東海、JR西日本、JR九州のJR3社は共同で、1月1日に観光キャンペーン「かごしまへ、どーん!とキャンペーン」をスタートさせた。大河ドラマ「西郷(せご)どん」放映にあわせ、商品造成や...

奄美大島

西郷どんの島暮らし 奄美群島にゆかりの史跡

18/02/02

「島時間」のなかで歴史に思い馳せ 西郷隆盛の波乱の人生を物語る上で、外せないのが「島流し」。二度も奄美群島へ流されており、苦渋を味わったように思えるが、ここで出会ったのは美しい風景と愛すべき人々との心豊かな暮らしだった。隆盛の人として...

黒豚

隆盛も愛した薩摩の食 黒豚・ウナギ・甘味

18/02/02

ソウルフードに舌鼓 西郷隆盛を生んだ鹿児島薩摩は、海に山に田畑にと自然豊かな環境から食も大きな魅力。隆盛も好物が多くあったと伝わっている。食が美味しすぎてそうなったのかは判然とはしないが、その巨体を育んだ薩摩の食は「西郷どん紀行」の大...

今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ