観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

かごしまへ、どーん! 県とJR3社が鹿児島旅CP

「新幹線クジ」や旅行プランで盛り上げ

鹿児島県とJR東海、JR西日本、JR九州のJR3社は共同で、1月1日に観光キャンペーン「かごしまへ、どーん!とキャンペーン」をスタートさせた。大河ドラマ「西郷(せご)どん」放映にあわせ、商品造成やプロモーションで中京圏・関西圏・中国、九州からドラマの主要舞台・鹿児島への旅の需要を喚起する。3月31日まで。

キャンペーン特別企画は「かごしまどーーーんと新幹線クジ」。GPS機能を使って名古屋駅―鹿児島中央駅間の新幹線に乗車していることを判定し、車内でスマートフォン上でクジが引ける。クジに当たれば抽選で、県内のホテルのペア宿泊券や焼酎など特産品、観光施設の入場券など賞品が当たる。

九州新幹線

九州新幹線に乗って鹿児島へ。
「西郷どん紀行」を応援する

旅行商品は中京圏、関西圏、中国地方の旅行会社が鹿児島への個人型・団体型専用旅行プランを発売。対象の旅行プランには特典がつき、個人型は鹿児島市内や指宿市内、霧島市内のガイド付きまち歩きプランに参加できるクーポンと、仙巌園や霧島ホテルなどで特典がもらえるクーポン、駅レンタカーの特別価格での利用などを設定している。

個人型、団体型いずれもの特典としては、鹿児島県内の対象の旅館ホテルで焼酎やボンタン飴などがもらえる特典を用意した。

キャンペーンにあわせて、2月2日は日本旅行、2月18日は阪急交通社が山陽九州直通新幹線を使用した団体臨時列車を運行。指宿市から焼酎の振る舞いや、県のキャラクター「ぐりぶー」によるおもてなしなどがある。

旅の需要喚起にはJR各社が各駅にポスターやパンフレットを掲出、配布するなどして、鹿児島への来訪を呼びかける。2月15―28日にはJR新大阪駅・エキマルシェ新大阪で鹿児島の食材を使ったフェアを開き、鹿児島の食の魅力をアピールする。

鹿児島西郷どん 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ