観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

花火と音楽の競演 12月にミュージカル冬公演/下呂温泉

ロマンチックな冬の夜演出

下呂温泉では夏と冬の1年に2回、「下呂温泉花火ミュージカル」が開かれる。温泉街を流れる飛騨川沿いで打ちあがる花火と、バックに流れる音楽のコラボレーションによる一大ショーだ。温泉と幻想的な世界観の組み合わせは、今や下呂の1つの顔に。今年の冬公演は12月1、8、15、22、24日に開催予定。この冬も宿泊客にロマンチックな感動を与える。

花火ミュージカルは2000年からスタート。打ち上げられる花火は1万3千発、「花火×ミュージカル」というオリジナリティで人気を集め、夏と冬の集客イベントとして定番となっている。特に冬は山間の温泉地ということで寒さが厳しく誘客に課題があったが、冬の花火という意外性と音楽とのコラボという演出の新しさからツアーの素材としても注目を集め、成果をあげている。

ミュージカルの音楽はクラシックからポピュラー、その年の話題の曲とさまざま。これに合わせて打ち上げられる花火は同じ演出の花火はなく、毎回新しいショーを楽しめるというのも特徴だ。

下呂温泉花火ミュージカル

音楽にあわせた演出で花火が打ちあがる
光景はロマンチックなムードたっぷり

冬公演はクリスマス期間ということもあり、カップルに人気。「恋人達の冬花火」をテーマに、例年20時から15分、ロマンチックな演出で感動の時間を演出する。比較的短めの時間のため寒さの中でも感動だけを持ち帰られる。クリスマスイブの12月24日は特別公演として30分間に拡大する。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ