観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

秋山真之の企画展 坂の上の雲ミュージアム

2月27日から1年間 貴重な資料そろう

愛媛県松山市は司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」の舞台。作品を顕彰しまちづくりに生かす拠点施設「坂の上の雲ミュージアム」では、物語とその歴史を伝える展示が行われている。

2月27日から2019年2月17日まで1年にわたる企画展のテーマは「明治青年 秋山真之」。

松山出身で日本海軍の知将・秋山真之は「坂の上の雲」の主人公のひとり。展示では真之の人生を海軍や家族に関する資料を通して紹介する。真之の旅行カバンや眼鏡入れ、絵葉書など貴重な資料も多く、人となりと歴史を知るいい機会になる。

開館時間は9時―18時30分。観覧料は一般400円。月曜休館。

愛媛道後温泉 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ