観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

良質な美肌の湯 下呂温泉で湯めぐり

日本三名泉の質維持はシステムにあり

下呂温泉は古くから日本三名泉にも数えられた古湯。アルカリ性単純温泉で無色透明、なめらかな肌ざわりの心地よさが癒しを与える「美肌の湯」として知られる。

泉質の良さを宿泊客に伝えることや温泉の保護を目的に1974年、全国に先駆けて温泉集中管理システムを導入。複数の源泉をタンクに集め湯元とし、集中管理することで過度の加水・加温をしなくても常に適温とされる55度を保った状態で、各旅館ホテルに供給し続けている。

温泉街での湯めぐりは旅の定番。「湯めぐり手形」は下呂温泉旅館組合加盟の旅館3軒のお風呂に入ることができる。1枚1300円。飛騨川岸の名物露天風呂「噴泉池」や大正時代から続く洋風建築の「白鷺の湯」など公衆浴場、「鷺の足湯」」など10カ所の足湯もあり、いたるところで下呂の湯が楽しめる。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ