観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

クラブメッド北海道トマムを体験(1) “世界に誇るマウンテンリゾート”の楽しみ方その1

日本で3施設のリゾートとして1月に北海道占冠村にグランドオープンしたクラブメッド・北海道トマム。1月17日のオープンセレモニーには世界各国から200人を超えるメディア関係者を招き、クラブメッドらしく派手に開業を祝った。国内から招待された10ほどのメディアに加わり、3泊4日のクラブメッドライフを楽しんできた。

ド派手なグランドオープンに参加した

フランス発祥のリゾートホテル、クラブメッドは、例えば滞在中のリフト券やスキーレッスン、食事やドリンクなど、ほとんどすべての料金が旅行代金に含まれているオールインクルーシブシステム(航空券を含む場合が多い)と、G.O(ジーオー:ジェントルオーガナイザーの略)と呼ばれるスタッフによる、アクティビティレッスンやショーといった、世界でもユニークなリゾートとして知られている。現在、ヨーロッパやアジアを中心に世界に70以上のインターナショナルリゾートを展開し、うちマウンテンリゾートはトマムを含め26カ所展開。国内では北海道・サホロと沖縄・石垣島に次いで3カ所目となる。

クラブメッド北海道トマム

オープニングセレモニーに駆け付けた
星野リゾートの星野佳路氏と
クラブメッドのザビエル・デソール氏

クラブメッド関係者が、サホロから車で30分ほどという近さのトマムに、新たなリゾートを開業した理由の1つに、「北海道スキーの良さが世界的に知られるようになり、冬期のサホロはほぼ100%の稼働で、予約の遅い日本人には利用いただけない状態になっていました」という事情を上げたように、グランドオープンの1月17日、約1千人が宿泊できる施設に、ゲストとして宿泊している日本人は一家族だけだった。

クラブメッド北海道トマム

クラブメッド・北海道トマム。
客室からの眺めもいい。
右奥までリゾートの棟が続く

館内は海外からの旅行者や、村長と呼ばれる支配人を始め、外国人が多くを占めるG.Oが行き交い、まるで海外のホテルに滞在しているよう。廊下ですれ違うG.Oの「いらっしゃいませ」ではなく、「ハーイ」「ハロー」「こんにちは」というあいさつもフレンドリーで心地いい。

クラブメッド北海道トマム

ゲレンデ側の客室

彼らはスキーを始めとするアクティビティのインストラクターやレンタルスキーのスタッフ、フロントやゲストリレーションを担当するG.Oたちで、夜のショーではダンスや演劇を披露するし、レストランではゲストのテーブルに着き、一緒に食事をする。

(次の記事)クラブメッド北海道トマムを体験(2) “世界に誇るマウンテンリゾート”の楽しみ方その2

関連記事

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ