観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

新しい色合いへのいざない―タイ紀行(2) “アメイジング”の先へ タイの18年観光CP

ガストロノミーツーリズムにも注目

このなかでTAT(タイ国政府観光庁)のタネース・ペッスワン副総裁は、世界に向けた観光キャンペーンについて、従来の「アメイジング・タイ」に加え、18年から「Open to thenew Shades」(新しい色合いへのいざない)を加えると発表した。世界の人々を魅了してきたタイのビーチ、自然、食、文化、アート・工芸、ライフスタイルの隠れた側面、より多様な面をより楽しみに来てほしいと期待を込めた。

なかでもその土地の食を目的としたガストロノミーツーリズムには世界的な関心が集まる。土地の食を冒険する旅のスタイルだ。訪れた土地の伝統食やローカルフードを食べ、素材やスパイス、調理法にまで関心を持ち、なかには調理体験までしてしまう観光だ。

TATは、AFTのオープニング・ディナーパーティーでタイ・ガストロノミーの魅力の一端を披露してみせた。屋外会場のテーブルに1200人が着席し開かれたパーティーでは、著名シェフの手によるチェンマイやタイ北部の料理がふるまわれた。

アセアン・ツーリズム・フォーラム2018

圧巻のATFオープニングディナーパーティー

(東京総局長・阿部政利)

(次の記事)新しい色合いへのいざない―タイ紀行(3) 古都チェンマイ―食文化とまちの輪郭を知る
(前の記事)新しい色合いへのいざない―タイ紀行(1) チェンマイにアセアン集結 ツーリズムフォーラム
(タイ特集トップ)新しい色合いへのいざない 18年タイ観光特集

タイ 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ