観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

農業×観光で地域の元気を創出 ちこり村、地元産食にも注目/中津川

「パンで野菜を食べる」 ベーカリーがオープン

中津川市の「ちこり村」は、欧州原産の野菜「ちこり」を栽培する農業施設。休耕田の活用、高齢者の積極的な雇用、そして観光と、ちこりの生産を通じて地域活性化に取り組んでいる。村内での食の楽しみも充実させており、地元にも訪れた人にも“元気”を提供している。

ちこりは日本で言うならキャベツやハクサイのように、欧州では高級野菜でありポピュラーな存在。低カロリーと豊富な栄養素を持つ。

農商工連携による地域活性化の現場として視察も多く、観光にも対応したメニューを用意。ちこり生産ファームと、ちこりを使って焼酎をつくる「ちこちこ焼酎蔵」ではスタッフによる見学ツアーが無料で体験できる。ちこりの試食やちちこり茶、ちこり焼酎の試飲、お土産購入をあわせて所要時間45分以上をとることを勧めている。20人以上の団体は要予約。「ちこり村カレッジ」として見学や講演会などの催しも開いている。

もちろん、ちこりに加え地元の食を楽しめるスポットも充実。併設レストラン「バーバーズダイニング」では地元農家のお母さんたちによる、ちこり料理を含めた地元野菜中心の「おふくろの味」がビュッフェスタイルで楽しめる。

中津川は栗の産地で、栗きんとん発祥という地元の食文化もここで。秋限定の人気企画「栗きんとんのしぼり体験」に加え、今年4月にオープンさせた「ベーカリーちこり」では栗きんとんのクリームディニッシュを開発してこの秋から販売する。同ベーカリーは「パンで野菜を食べてもらう」をコンセプトに地元産、同村産の野菜を使ったパンを提供。野菜がたっぷり入ったスプラウトサンドイッチが人気で、今後も地元農家の協力も得てパンを開発していくという。

ちこり村

「ベーカリーちこり」の
野菜たっぷりサンドイッチ

そのほか、同じく4月にオープンさせた「CAFEちこり」では地元・美濃酪農協同組合の牛乳とちこり芋の粉末が入った「ちこりソフト」を販売。村内を食べ歩きするのもいい。

同村には年間30万人が来村。多いときには1日800人が訪れる。

問い合わせは電話0573―62―1545。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
最古の湯愛媛道後の世界に浸かる

愛媛県松山市・道後温泉。日本三古湯としての歴史風情と良質な泉質を今に守りながら、現代の観光シー...

鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ