観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

飛騨の酒造りを間近で味わう 天領酒造/下呂

酒蔵見学と利き酒で

下呂市の天領酒造は延宝8年(1680年)創業の老舗蔵元。飛騨山脈の地下水など地元にこだわり約340年にわたって「飛騨を語る飛騨の酒」を造り続けてきた。代表銘柄「天領」を飲むと、より下呂の旅の味わいが深まるはずだ。

その歴史の重みと崇高さは酒蔵見学でより深く感じることができる。通年、無料で見学が可能で、米倉から精米所、釜場、仕込み蔵、貯蔵、瓶詰めまでじっくりと見て回れる。利き酒もできるので、自分好みの品を選びたい。

天領酒造

酒蔵でじっくりと工程を見学した後は
もちろん利き酒

同社では11―3月の仕込み期が一番同社の酒造りが理解できるとしてこの期間の訪問を勧めている。

時間は10―16時で、所要時間は30分―1時間程度。土日祝日、年末年始、お盆は休み。1―20人まで受け付けており、20人を超える場合は見学日を事前に相談する。

問い合わせ・申し込みは電話0576―52―1515。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ