観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

歴史と専門店街の二面性(4) 掘り出し物を探す一日も楽しい

「世界一の本の街」と「学生の街」をぶらり

駿河台下あたりまで来ると、書店の数がスポーツ店より多くなる。交差点にある三省堂書店を挟み、すずらん通りが靖国通りに沿って走る。前方から一方通行の歩きやすい道だ。

200メートルほど入ったところに、最近「本と街の案内所」が靖国通り沿いから移転しオープンした。神保町は古書店約150店が連なる「世界一の本の街」。案内所ではコンシェルジュが、本屋や本のこと、飲食店のことなどの相談に乗ってくれる。世界最大・最長のブックストリートで本の世界に踏み込める。

神保町

「世界一の本の街」神保町の古書店街。
約150店が軒を連ねる

本と街の案内所

すずらん通りにオープンした
「本と街の案内所」

神田駿河台には明治、中央、日大と大学が集まっていたことから、パリの大学集積地の地区名になぞらえて神田カルチェ・ラタンと呼ばれた。1960年代後半には学生運動が展開された。

今も学生の街の雰囲気が強くある。明大通り沿いには楽器店街が広がり、初心者からプロまで気軽に楽しみながら楽器を探すならここだ。明治から昭和初期にかけて多くの楽器店がここで創業。今も約40店がある。楽器店を梯子して、小さなスクランブル交差点を渡ると御茶ノ水駅水道橋口に着いた。

明大通り

明大通り沿いの楽器店

東京神田界わい 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ