観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

二十四の瞳映画村内に瀬戸芸2作品

「漁師の夢」と「愛のボラード」

二十四の瞳映画村には、村内に「瀬戸内国際芸術祭2019」の2作品が展示されている。日本映画の魅力に加え、現代アート鑑賞も楽しめる、瀬戸内アート紀行に欠かせないスポットになっている。

印刷物を消しゴムで消して出る“消しカス”でオブジェをつくりあげる“消しカスアーティスト”入江早耶さんの作品は「漁師の夢」。二十四の瞳に登場する漁師にスポットをあてたサイドストーリーをテーマに、漁師の家に様々な仕掛けを凝らした立体作品になっており、見る人を独特の世界観に引きずり込む。

漁師の夢

消しゴムのカスがアートになる?
映画村に設けられた「漁師の夢」

プロダクトデザイナー・清水久和さんによるモニュメント作品「愛のボラード」は駐車場の一角に展示。2016年の瀬戸芸で登場したもので、以降継続展示している。ボラードとは船を繋留するために岸壁にある柱のことで、白のボラードのたたずまいが「海からやってくるはずの『何か』に対して、見る者の想像力をかき立てる」そうだ。

鑑賞時間は「漁師の夢」が9時−17時30分。「愛のボラード」は屋外展示のため、いつでも鑑賞可能。

鑑賞料は無料。瀬戸内国際芸術祭期間中は瀬戸芸パスポート提示で同村入場が500円に割り引きになる。

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ