観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「アートにあつまる夏」7月19日から瀬戸内国際芸術祭夏会期 小豆島島内に38作品

島の活性化に国際色 春会期中は海外客2割

今年の小豆島・瀬戸内海エリア最大の話題は「瀬戸内国際芸術祭」。4月に開幕し春会期を終え、次は夏会期だ。日本全国や世界から集う旅行者と交流を生み出す「あつまる夏」をテーマに、7月19日−8月25日に開かれる。小豆島も舞台のひとつとして島内各所に作品を展示。風土×木々の緑と海の青×現代アートで、国内外からの来訪者を出迎える。

瀬戸内国際芸術祭は3年に一度の開催。“海の復権”を一貫したテーマに、過疎化に悩んでいた島々にアートという光を当て、地域活性化につなげようというもの。島そのものをアートの舞台とする斬新さは多くのファンをつくり、前回の16年開催は100万人超が来場。今回の春会期は海外からの来場者が全体の21・7%と発表された。前回16年が13・4%だったことを考えると、国内外に瀬戸内海の新たなブランドとして強く発信、浸透させたことが伝わる。夏会期も盛り上がりが期待される。

瀬戸内海に浮かぶ12の島と香川県・高松港、岡山県宇野港周辺を会場に、これまでの開催以降も島に展示され続けている既存作品に加え、新規プロジェクト、イベントなどを展開する。これら会場をめぐるアートツーリズムも大きな楽しみになる。

小豆島では、島内各所に38の作品を展示。小豆島の玄関口・土庄港ではオリーブの王冠をかたどったチェ・ジョンファさん作のオブジェ「太陽の贈り物」、坂手港の灯台跡地にある光り輝く球体に水の神様・龍が乗ったヤノベケンジさん作のモニュメント「スター・アンガー」は継続作品として、もはや小豆島のシンボルになった。

そのほか、土庄港エリアではコシノジュンコさんの「アートノショーターミナル」、迷路のまち周辺には岸本真之さんの「つぎつぎきんつぎ」、四海、肥土山・中山、福田、大部、北浦エリアにも作品が。三都半島、醤の郷周辺・草壁港、坂手港・田浦半島エリアには多くの作品があり、気軽に鑑賞してまわれる。作品は、オブジェから周囲の風景を活用した空間演出まで幅広く、これら作品群が小豆島全体にアートの香りを運んでいる。

小豆島の恋

中山千枚田の近くに常設展示されている作品
「小豆島の恋」

夏会期では、7月の土日曜に土庄・戸形公民館でコンテンポラリーダンス「Limpid Sun」、8月24日は中山農村歌舞伎舞台で「演劇でみる小豆島のカタチ」などアートイベントも展開される。

秋会期は9月28日−11月4日。フィナーレに向け全会期で最大の会場数で作品展示、地域再生の縁を築く「ひろがる秋」をテーマに展開する。

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ