観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

静岡伊豆 半島全域が「花回廊」に

桜から「田んぼの花畑」まで

静岡県伊豆半島は温暖な気候から、冬から春にかけて花々が次々に開花。3月上旬の桜からでもまだ遅くない。伊豆花回廊が旅人を待っている。

お椀を伏せたような山容の大室山や一碧湖、絶壁が連なる城ヶ島など景勝地がそろう伊東市の伊豆高原では、3月中旬―4月上旬に「桜まつり」を開催。伊豆急・伊豆高原駅周辺に200本植栽されている大寒桜から見ごろを迎え、伊豆高原の桜のトンネル、大室山さくらの里へと、約1カ月にわたり花見ができる。

また、西伊豆の松崎町では3月上旬から、那賀川沿いにある農閑期の田んぼ約6万平方メートルが広大な花畑に変わる「田んぼの花畑」が出現。アフリカキンセンカ、ルリカラクサ、ヒメキンギョソウなど主に6種の花が、2カ月間にわたって咲き競う。最終週となるゴールデンウイーク前半には、訪れた人が自由に花摘みも楽しめる。

4月上旬には、那賀川沿いに約6キロ続く1200本のソメイヨシノの並木も満開となり、春の伊豆花回廊はクライマックスを迎える。

田んぼの花畑

西伊豆の松崎町に出現する「田んぼの花畑」

春花紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ