観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

カツオの藁焼き体験 「とさてらす」で着地型商品を販売

「日曜市」で買い物と交流 高知県観光コンベンション協会

高知県観光コンベンション協会は、着地型旅行商品「地元ガイドと巡る土佐の日曜市散策と生鰹藁焼きタタキ体験」を設定している。高知市の情報発信館「とさてらす」で販売している。

高知市雇用創出促進協議会の「実践型地域雇用創造事業」の取り組みの一環で開発。市の魅力を商品として発信しようと企画した。

とさてらすのあるJR高知駅前「こうち旅広場」が発着。ガイドと一緒に全長約1.3キロ、300年の歴史を持つ日曜市を訪ね、旬の食材をはじめ多彩な品々の買い物や地元の出店者との交流を楽しむ。

昼食は生鰹の藁焼き体験。自分で作った藁焼きの鰹を温かいまま塩タタキにして味わう。日曜市で仕入れた食材を使った料理もあわせて。その後は自由散策に繰り出すのもいい。

通年実施(お盆、年末年始除く)。時間は9時、11時発の1日2回で所要時間は2時間―2時間30分。料金は3千円。定員はガイド1人つき6―7人。一度に6組まで。

問い合わせは同協会 電話088―823―1434。

四国高知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ