観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

世界が認める“聖地” しまなみ海道でサイクリング国際大会

世界のサイクリストを魅了

愛媛県今治市から広島県尾道市までを結ぶ全長70キロの自転車専用道路、瀬戸内しまなみ海道で10月28日、国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」が開催された。

サイクリストの聖地として知られる、世界有数のサイクリングコースを使った国際的なファンライドイベントで、大会には国内外から7千人が参加。

絶景を望みながらのファンライドが大会の大きな魅力で、コースは瀬戸内しまなみ海道を往復するロングコース、今治―尾道間の片道コース、島しょ部を周遊する海景満喫コース、サイクリングとあわせフェリーで海を渡るクルージングコース、初心者やファミリーも楽しめるエンジョイコースなど、30―140キロの7コース。今治市や尾道市がスタートとゴールの会場となった。

しまなみ海道

絶景を望みながらのライドがしまなみの魅力

しまなみ海道は、アメリカのCNN「世界の最も素晴らしいサイクリングロード」の一つに選ばれるなど、国内外から多数のサイクリストが訪れている。その数は年間20万台以上と推計されており、景観だけではなく沿線の住民のおもてなしなどサイクリストにやさしい受け入れ態勢が高く評価されている。別掲のオレンジフェリーを利用して、しまなみ海道を走りにくるサイクリストも多い。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ