観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本からは意外と縁遠い感がある。温泉はもちろん近隣に多彩な魅力を有し、ここを拠点に四季折々、充実した旅が楽しめるのに、「行ったことがない」ではあまりに惜しい。「渓谷沿いに大型旅館が建ち並ぶ、あのイメージ」という人に、時代が転換する今だからこそ、あらためて言いたい。古き良きニッポン観光に現代のエッセンスを取り入れ、進化を続ける栃木・鬼怒川で「新しい旅の世界を拓いてみませんか」と。

鬼怒川温泉

渓谷美と日光詣の拠点 鬼怒川温泉

19/04/26

「東京の奥座敷」だけではもったいない 鬼怒川温泉は栃木県日光市にあり、古くから関東を代表する温泉地として親しまれてきた。鬼怒川渓谷沿いに温泉街が広がり、渓谷美も多くの観光客を魅了してきた。 発見は江戸時代。当初は僧侶や大名などし...

あしかがフラワーパーク

花の宝庫、春の栃木・鬼怒川 桜、ベゴニア、藤が満開の競演

19/04/26

あしかがフラワーパーク“藤の花のシャンデリア”は世界級 自然豊かな鬼怒川温泉周辺は、花の名所の宝庫。いよいよ春本番を迎え、花々が一斉に開花、山間の地に彩りを灯している。栃木・鬼怒川の春の美に、心が躍る―。 春の訪れを告げるのが、...

月あかり花回廊

幻想的な温泉街 秋の鬼怒川で「月あかり花回廊」

19/04/26

まちづくりへの思いの結晶 10周年でパワーアップ 鬼怒川温泉の秋恒例のイベント「月あかり花回廊」が、今年は9月28日―10月7日に開かれる。鬼怒川の新しい魅力を創出しようと2009年に「序章」が開かれてから、今年で「第10章」を迎える...

景観と激流 鬼怒川ライン下り

19/04/26

温泉街から行く絶景とスリルのひと時 鬼怒川温泉街を流れる鬼怒川。その渓谷美を間近で堪能できるのが「鬼怒川ライン下り」だ。四季折々の自然景観と激流の迫力を楽しめる。 温泉街から川へ降りた乗船場から、奇岩の間を船頭の巧みな櫂さばきで...

SL大樹

SL大樹で行く鬼怒川温泉 東武が50年ぶりに復活

19/04/26

レトロが運ぶ感動と癒し 鬼怒川温泉への旅はSLで行こう―。そんな雄大かつレトロな旅を実現したのが、東武鉄道が運行する「SL大樹(たいじゅ)」。鬼怒川線・下今市―鬼怒川温泉間を、煙をもくもくと吐きながら走っている。2017年8月、約50...

国宝・陽明門が色鮮やか 日光東照宮「平成の大修理」

19/04/26

世界遺産日光観光の軸 今こそまばゆい光を 日光・鬼怒川観光の目玉は、世界遺産「日光の社寺」。その中心が「日光東照宮」だ。徳川家康を祀る豪華絢爛な建造物群は今も昔も日本人の心を捉えている。日本建築の粋を集めた造りは訪日外国人客にとっても...

日光で歴史体験 日光江戸村

19/04/26

“江戸人”になりきり遊ぶ 日光での歴史観光をさらに奥深いものにしてくれるのが「EDO WONDERLAND日光江戸村」。江戸時代の町並みを再現した村内で当時の文化を体感できる体験企画が充実している。 村内では関所をくぐると街道に...

大谷資料館

宇都宮に“地下迷宮” 日本遺産「石」の物語を探る

19/04/26

「大谷石」と生きるまちの物語 採掘場や磨崖仏を訪ねて 日本遺産に認定されている宇都宮市の「地下迷宮の秘密を探る旅  大谷石文化が息づくまち宇都宮」。地域の産業、風土、暮らしに息づく「石」の文化の物語。石にまつわる旅が宇都宮の深淵に迫る...

泊まって楽しい栃木 6月までアフターDC

19/04/26

夜や早朝の体験企画で宿泊増 鬼怒川ではバル企画 昨年開いた「栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」でついた勢いを持続させようと、栃木県とJR東日本、東武鉄道は4月から「アフターDC」をスタートした。6月までの3カ月間、県内各地で...

今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ