観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

SL大樹で行く鬼怒川温泉 東武が50年ぶりに復活

レトロが運ぶ感動と癒し

鬼怒川温泉への旅はSLで行こう―。そんな雄大かつレトロな旅を実現したのが、東武鉄道が運行する「SL大樹(たいじゅ)」。鬼怒川線・下今市―鬼怒川温泉間を、煙をもくもくと吐きながら走っている。2017年8月、約50年ぶりに復活を果たして以来、地元の“人気者”にまで駆け上がった。日光・鬼怒川地域の人々の地域活性化への思いと観光客を乗せ、今日も列車は走る。

SL大樹は土日祝日を中心に、下今市―鬼怒川温泉間を1日3往復。約35分かけて日光市内を駆け抜ける。徳川将軍の家紋である「三つ葉葵」を連想させるヘッドマークを付けたC11形蒸気機関車が、JR四国から譲り受けた昭和40―50年代製造の客車国鉄14系3両をけん引。車内は当時の昭和ノスタルジーを感じさせ、乗務員もSL全盛期を想起させる制服に身を包み、レトロ感を演出している。

SL大樹

土日祝日を中心に、下今市-鬼怒川温
泉間を1日3往復するSL大樹

車内では観光アテンダントがおもてなし。記念乗車証の配布や日光の観光案内に応じる。季節にあわせたイベントやオリジナルグッズの販売も用意している。

そのほか、下今市駅は運行開始を機に、駅舎をSL全盛期当時の姿にリニューアル。木造感たっぷりのレトロ空間に生まれ変わった。SL展示館や転車台広場もあり、ファンならずとも楽しめる空間になっている。

4月13日にはJR北海道で運行されていた14系客車「ドリームカー」1両を導入。リクライニングシートやラウンジを備え、SL大樹の旅がまたパワーアップした。

栃木県日光・鬼怒川温泉 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ