観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

珍しいトンボロ歩き 西伊豆町三四郎島、干潮時だけ陸続き

自然の神秘求め ジオクルーズや日本一の夕陽もおすすめ

静岡県西伊豆町の名所、三四郎島の「トンボロ」観光が、いい季節になってきた。トンボロとは干潮時に、島が陸地とつながる砂州のこと。陸から島まで約200メートルの堂ヶ島・瀬浜トンボロを歩いて往復できる。

半島全体がプレート移動による造山活動や海による浸食活動、火山活動の痕跡といった大地の見本市とも言えるジオパークに指定されている伊豆半島でも、トンボロを体験できるのはここだけ。

三四郎島

ジオパークに指定されている伊豆半島
でも唯一トンボロが出現する三四郎島

三四郎島が日中に陸とつながるのは、2―10月の潮位が30センチ以下になる日。潮位が十分に下がる日には、足を濡らさずに渡ることができる日もある。ただ、これからの季節は足を濡らしながら渡るのも気持ちがいい。

西伊豆町観光協会では潮位が30センチ以下程度になり、トンボロが現れる日をホームページにカレンダーで紹介している。干潮時の前後1時間程度が目安だという。

瀬浜トンボロの次は堂ヶ島からジオクルーズがお勧め。同乗するジオガイドの案内で、天窓洞や奇岩の数々など海底火山の多様な痕跡を堪能できる。

西伊豆町には、三四郎島のほかにも堂ヶ島、黄金崎、大田子海岸など駿河湾に面して景勝地が多い。夕陽日本一を標ぼうする西伊豆町。これら景勝地で眺める夕陽も見どころだ。

静岡県伊豆 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ