観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

新潟と山形の県境、多彩な関川村へ 豪邸、温泉郷、ギネス認定の祭り

豪農の館と「大蛇」 秋は紅葉が必見

新潟県の北東部に位置し、東は山形県に接する関川村。新潟駅からだと電車で1時間半ほど。村の中央を荒川が流れ、鮎釣りの名所として知られる。10月下旬から11月上旬にかけては、荒川峡が紅葉に染まる。

村の中心にどっしりと構える、国の重要文化財「渡邉邸」に隣接する東桂苑で、昼食に郷土料理を味わう会「食地」が11月5、6、9ー11日の5日間開かれる。参加費は2500円、各会定員は30人。希望者は旧米沢街道の町並み散策ツアーにも参加できる。ガイドの案内で渡邉邸や「歴史とみちの館」にも入館する。

また、11月10日夜には同じ会場で「竹灯籠と月明かり」コンサートが開かれる。出演は村在住の篠笛奏者、田村優子さんと、鼓童名誉団員の小島千絵子さん。小島さんは太鼓と舞いで共演する。参加費は3千円、定員は80人。

渡邉家は1667年に当地に転居した旧家で通常、豪農の館として紹介されることが多い。しかし農業だけではなく、廻船業や酒造業を営み、蓄えた財を財政難の藩に融資するなど金融業も手掛けていた。現在は母屋と6つの土蔵(米蔵、味噌蔵、金蔵、宝蔵、新土蔵、裏土蔵)が国の重要文化財、庭園は国から名勝に指定されている。

一方、東桂苑は明治38年に渡邉家の分家として建築された。当時の建設技術の粋を集めた木造2階建て入母屋造りで、純和風の風情ある庭園との調和も楽しめる。

村内には荒川沿いに高瀬、鷹の巣、雲母( きら)、湯沢、桂の関と温泉が点在し、えちごせきかわ温泉郷と称する。約20軒の旅館がある。

村はギネス認定の「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」でも知られる。毎年8月最終週の週末に「竹とワラでつくった世界一長い蛇」が500人の担ぎ手とともに村内をパレードする。

えちごせきかわ大したもん蛇まつり

世界一長い蛇が村内をパレードする
「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」

祭りは村に伝わる大蛇伝説と当地を襲った水害に由来する。1967年8月28日、羽越豪雨が発生し、村民も含め100人を超える犠牲者が出た。大蛇の長さ82.8メートルが、8月28日の水害を記憶にとどめる。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ