観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

祖父江のまちがイチョウで黄金色に 11月23日からまつり/稲沢

「そぶえイチョウ黄葉まつり」 12月2日まで

稲沢市祖父江町で11月23日―12月2日、「そぶえイチョウ黄葉まつり」が開かれる。町内に1万本以上のイチョウが立つ“イチョウの郷”が誇る秋の一大イベント。今年は、例年より期間を一週間程度遅らせて、深まる秋の風情を、このまちならではの黄金色に輝く光景とともに楽しんでもらう。

祖父江のまちにイチョウが立ちならぶのは江戸時代を起源とする。この地域に吹く季節風「伊吹おろし」から家屋の屋根を守るため、イチョウを神社仏閣や屋敷の周囲に植えたのが始まりとされる。今も樹齢200年を超える大木も含め約1千本がまちなかに立ち、その歴史を伝えている。「祖父江ギンナン」は特産品として全国的に知られるものだ。

まつりは祖父江ならではの秋のイベントとして始まり、今年で21回目。昨年は10日間の開催で約25万人が来訪した。名鉄尾西線・山崎駅周辺が期間中毎日、祖父江町体育館は同23―24日に会場となり、古木や久寿ギンナンの原木、イチョウ並木のトンネルなど黄色に色づき見ごろを迎えたイチョウ観賞と、例年ステージイベントや模擬店など多彩な催しで秋の楽しい一日を演出する。夜間にはイチョウの木のライトアップもあり、秋の風情が夜、ひと際輝く。

そぶえイチョウ黄葉まつり

祖父江にあるイチョウの木1万本以上が
色づく光景は壮観のひと言

町内の食事処では、まつり期間を中心に、「祖父江ギンナン」を使った、ギンナンラーメンやギンナン会席を出す店舗も。

また、同町の名刹、善光寺東海別院では昨年の開催から、まつり期間中に駐車場を無料開放。シャトルバスの停留所としても利用されているほか、駐車場でイベントも実施されるなど、まつりのひとつの拠点となっている。

愛知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ