観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「ふろっ酒」で美肌に 新潟県旅館青年部、18軒が女性客に提案

毎月「フロの日」に酒風呂

にいがた朝ごはん、にいがた地酒の宿、にいがた女将の旅館街スイーツめぐりと新潟旅館ホテル組合3大プロジェクトのプラスワン企画として、同組合青年部が昨年リリースした「にいがたふろっ酒」。

女性客をターゲットに、毎月26日(フロの日)に酒風呂の提供「ふろっ酒」を始めた。県内10の温泉地の18の旅館が新潟県が誇る温泉と、日本酒のコラボで「もっとキレイになってください」と女性に呼びかけている。

今回の温泉と日本酒のコラボレーション。もともとの発想は、酒杜氏の手がキレイだったから。青年部では、日本酒を楽しむ女性コミュニティ「にいがた美醸」を主宰する村山和恵さんを企画監修に迎え、ふろっ酒の商品化へとつなげた。

お風呂に入れるのは酒風呂専用日本酒。通常の日本酒よりアミノ酸が5倍ほど多く、美肌や新陳代謝を促進する効果がアップするという。お風呂に決められた量を入れることで匂いが抑えられ、日本酒の匂いの苦手な人や子どもも安心して入浴できる。大浴場とは別に、露天風呂付き客室に入浴用の日本酒をペットボトル置き、利用してもらっている旅館もある。

さらに参加旅館によっては、地元酒蔵と共同で酒粕パックを開発し、女性用大浴場で使ってもらう試みも始め、好評だという。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ