観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

伊東温泉・大人も子どもも「まくら投げ」 2月に全国大会

大会発祥の地としてアピール

伊東温泉で2018年2月24、25日の2日間、第6回「全日本まくら投げ大会」が行われる。地元高校生の発案で5年前から始まった。伊東市と伊東観光協会が共催し、今年2月の大会には北海道から関西エリアまで全国から570人が参加し、覇権を争っていた。

大会では1チーム8人が1セット2分の3セット制で枕をぶつけ合い、ドッジボールのように、最後に多くの選手が残った方が勝ち。来年の大会には大人チーム45チーム、子どもチーム9チームが参加する。大人チームの優勝賞金は10万円、子どもチームには図書カードなどが贈られる。出場申し込みは11月30日に締め切られている。

全日本まくら投げ大会

盾は布団、ユニフォームは浴衣と
「正しいまくら投げ」の姿で戦う

会場が手狭なため、今のところ観戦者を募集するイベントにまでは至っていないものの、大会参加者の宿泊需要や、まくら投げ大会発祥の地としての伊東温泉の知名度向上には貢献している。試合のユニフォームとなる浴衣の提供では、地元のリネン組合が協力する。

静岡伊豆 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ