観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

パンダくろしおで白浜へ 日本旅行が団体貸切ツアー

デビュー1周年を記念 8月5―6日に

日本旅行はJR特急企画列車「パンダくろしお」号が8月にデビュー1周年を迎えることを記念し、白浜への団体貸切列車ツアーを実施する。海とパンダ、そして温泉と夏の白浜をかわいらしい列車とともに満喫してもらう。催行日は8月5―6日の1泊2日。

初日は京都・新大阪から「パンダくろしお」を貸し切って白浜へ。パンダが観賞できる南紀白浜アドベンチャーワールドをたっぷり楽しんでもらう行程になっている。宿泊は白浜温泉の各旅館ホテル。

パンダくろしお車内ではアドベンチャーワールドのオリジナルグッズが当たるじゃんけん大会を開催するほか、白浜駅では地元からの出迎えも。夕食後もアドベンチャーワールドへ出かける「ナイトアドベンチャー送迎コース」もオプションで設定している。

パンダくろしお

デビュー1周年を迎える
「パンダくろしお」号

2日目は白良浜で景品をめがけての宝探しにチャレンジ。フリータイムで白浜の魅力を体感してもらう。オプションの「貸切バス・半日観光プラン」でエリアへ繰り出すのもいい。帰りのパンダくろしお車内では同列車のオリジナルグッズと記念乗車証を贈呈する。

料金は宿泊、アドベンチャーワールド入園料、ミールクーポン1100円分がついて2万4800円―4万9800円。2人から受け付ける。

パンダくろしおは、京都・新大阪と白浜・新宮を結ぶ特急「くろしお」の車両前頭部にパンダの顔を配し、車体にはアドベンチャーワールド動物たちを描いた特別列車。「パンダくろしお・Smileアドベンチャートレイン」を正式名称に昨年8月から運行され、人気を集めている。

今年3月には和歌山県とJR西日本が展開する「和歌山・紀南へ行こう」キャンペーンの一環で、同様の商品を発売。今回もアドベンチャーワールドや白浜町など地元観光関係団体の協力を得て企画した。

和歌山 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ