観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

俳句のあるまち 「俳都松山」観光に生かす

俳句ポストや「松山はいく」

正岡子規、高浜虚子といった俳人を多く輩出した松山市。地域の風土が俳人たちに愛され、現代でも俳句ファンから「俳都」として親しまれている。市ではこの「俳都松山」を全国に発信しようと、俳句振興はもちろん俳句を生かした観光振興策を展開している。

「俳句のあるまちづくり」は俳都としての根幹をなす取り組み。1966年に正岡子規生誕100年を記念して設置し始めた俳句ポストは海外を含めて109カ所にも及ぶ。そのうち松山市内には93カ所。観光施設から市内電車、フェリーに至るまで設置されている。俳句の投稿サイトを通しての活動も活発だ。

毎年8月には全国の高校生が松山に集結し「俳句甲子園」を開催。旅先で絵葉書に一言添える感覚で写真に句を詠む「瀬戸内・松山国際写真俳句コンテスト」は今年で7回目を迎え、世界40カ国以上から約3千句もの応募がある。今年は11月30日締め切り。国際的な人気も高い俳句は訪日外国人客へも有力な観光コンテンツになる。

俳句甲子園

全国各地の高校生による「俳句甲子園」
も今年で20回目を迎えた

観光面での軸が、俳句とハイク(歩く)を組み合わせたガイドツアー「松山はいく」。市内の俳句や歴史に関するスポットをガイドと歩き、俳都・松山の魅力を体感してもらう。多彩なコースの設定で個人からグループ、団体、教育旅行まで対応している。

「俳句BAR」は酒処を2軒紹介しており、各店には英語、初心者でも簡単に一句詠める仕掛けも。ハシゴして俳都の夜を楽しんでもらう。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ