観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

ギネス認定の「大蛇」 関川村最大のまつり

夏に村最大のイベント

新潟県の北東部に位置し、東は山形県に接する関川村。新潟駅からだと電車で1時間半ほど。村の中央を荒川が流れ、鮎釣りの名所として知られる。10月下旬から11月上旬にかけては、荒川峡が紅葉に染まる。

荒川沿いには高瀬、鷹の巣、雲母(きら)、湯沢、桂の関と5つの温泉が点在し、えちごせきかわ温泉郷と称する。約20軒の旅館がある。

年間を通じて関川村最大のイベントは、毎年8月最終の週末に開催される「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」。ギネスブックで「竹とワラでつくった世界一長い蛇」に認定されている大蛇が、500人の担ぎ手とともに村内をパレードする。

えちごせきかわ大したもん蛇まつり

「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」

祭りは村に伝わる大蛇伝説と水害に由来する。1967年8月28日、羽越豪雨が発生し、村民も含め100人を超える犠牲者が出た。大蛇の長さ82.8メートルは、8月28日の水害を記憶にとどめようとの思いから。

今年は水害から50年、祭りが始まってから30年の節目の年となり、祭りには村内54集落が参加して作った9代目となる大蛇がお目見えした。道の駅関川に隣接する関川ふれあいドームには通年で大蛇が飾られていて、長さを実感できる。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
冬は北近畿の季節まんぷく紀行へ

本格的な冬が到来。とくれば、旅の興味は冬の味覚の王者・カニに集中する。京都府・兵庫県北部の北近...

実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ