観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

目指せ“日本の聖地” 「鳥羽フラ」、7月26−28日に開催

鳥羽の新しい魅力に 様々なイベントを用意

鳥羽市の三重県営サンアリーナで7月26―28日、フラダンスフェスティバル「鳥羽フラ2019」が開かれる。昨年3月に初開催されたが、あくまで“プレ”的な位置づけで、第2回の今回が実質的な本開催。「鳥羽を日本一のフラダンスフェス開催地に」と準備を進めてきた地元の意気込みが詰まったフェスで、期間中の3日間、鳥羽が“ハワイ”になる―。

主催は鳥羽市観光協会で、地元関係者らと実行委員会を組織して開催。伊勢志摩国立公園内の豊かな自然や温暖な気候という地域特性を生かした新しいブランディングとして「フラ」に着目した。鳥羽を日本のフラの聖地に、毎年日本トップクラスのフラ愛好家が集うフェスに育て上げようと、地元一体となって準備を進めてきた。

昨年開催した「鳥羽フラ2018」は北海道からも参加者を集めるなど、上々の立ち上がり。本開催となる今回は、前回で得たノウハウをもとに、全国から1万人の集客を目指して規模を拡大して展開する。

今年の「鳥羽フラ」は、26日16時からの「ウェルカムパーティ」で本格的に開幕。ハワイからゲストを招いてのライブ、フードコートでの特別メニューなどが楽しめる。

全国から集まったダンサーが日ごろの成果を披露するホイケ(発表会)は26、27日に。グループごとにスタイルも様々。参加者らと交流を深めるのも楽しみのひとつだ。

鳥羽フラ

7月26-28日に三重県営サンアリーナで開催される
「鳥羽フラ2019」。
今年も全国から参加者が集う

本場ハワイから招いてのゲストエキシビション、フラ、ハンドクラフトを学ぶワークショップは27、28日。本場の伝統文化を吸収、経験者、未経験者ともに新たな世界へ飛び込む両日になる。

クライマックスは、28日のソロコンペティション。ハワイのフラコンペティションの最高峰「メリー・モナーク・フェスティバル」のジャッジを経験するクムフラによる審査で、全国のフラダンサーが技を競う。

会場ではこのほか、ハワイアングッズや鳥羽の特産などを販売するショッピングコーナー、鳥羽の食材を使ったハワイアンメニューが並ぶフードコートも登場する。

同協会の𠮷川勝也会長は「伊勢志摩鳥羽の地に、日本中のフラ愛好家の皆さんが集い、出会いと交流の場となることが我々の願い」と意気込む。これを足掛かりに息の長いフェスに育てていく考えだ。

三重鳥羽 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ