観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

滋賀色さがすツアー 日帰り、現地発着も設定

バスツアーで信楽周辺へ

ドラマの舞台として注目必至の甲賀市信楽町を目的とした旅行ツアーは、大手旅行会社のバス旅行などをはじめ各社が取り組んでいる。滋賀色はツアーに参加しても見つけられる。

彦根市を拠点に各地でショッピングセンターを展開する平和堂は10月−2020年3月にかけて平和堂店舗を発着地とする信楽への日帰りバスツアーを催行する予定で、全国2府7県にある営業所のうち滋賀、京都、大阪、兵庫、福井、岐阜、愛知発着で順次発売していく。

内容は、信楽での「体験」をメインとし、「手びねり体験」や「登り窯の中でのカフェ体験」「ガイドさんと一緒にまちあるき」などを予定している。

ほかにも、「インスタ映えスポットを巡る」「美術館を訪ねる」ツアーも予定している。

また、地元発着のバスツアーにも注目。東近江市観光協会は「匠の祭見学と木地師の聖地への旅」を実施する。木地師文化の発祥地で、日本森林学会が「林業遺産」に認定した東近江市の小椋谷などを訪ねるツアー。10月11日と13日に催行予定。

JR能登川駅発着で、匠の祭の見学や木地師資料館、高松御所、金龍寺に立ち寄る。

旅行代金は、昼食弁当代を含め1人9800円。

滋賀県観光に関するお問い合わせ

滋賀県商工観光労働部観光振興局
電話 077−528−3743

滋賀県 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ