観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

隠岐ご島地グルメを制覇せよ! 来年2月末までスタンプラリー

海に田畑に恵みたっぷり 創作メニューに目移り

隠岐ならではの「ご島地(とうち)グルメ」を食べ歩き―。2020年2月29日まで開催しているスタンプラリーに参加、応募すると隠岐牛焼肉折詰をはじめ、島の特産が抽選で当たる。隠岐へ行ったなら、島人おすすめのご島地グルメは外せない!

ご島地グルメは、魚介類や隠岐牛、そばなど豊富な食材で隠岐を活性化しようと、島の有志でつくる「ご島地グルメ実行委員会」が取り組む。魚介類ではイカ、サザエ、イワガキなど特産をアレンジした創作メニューが目白押し。そのまま造りや刺身で食べても十分にうまい食材をB級ぽく気軽に食べられるようにしています。

なかでも「さざえ丼」は、ご島地グルメのエース格。隠岐各島で、半熟卵やメカブを組み合わせたり、卵でとじたり、だし茶漬けにしたりと個性ある丼がラインナップ。寒シマメ肝醤油漬丼は、年中イカが美味しく食べられるように開発されたもので、お箸が進む、進む。

さざえ丼

さざえ丼

隠岐そば

隠岐そば

スタンプラリーに参画する店舗は島後20軒、島前15軒の計35軒。まずは港や観光地で「ご島地グルメ」パンフレットを入手し、あとは各店舗でスタンプをゲット。スタンプを集めてスタンプカードを送付し応募すると抽選で特産品が当たるという仕組み。

景品は、スタンプ1つで隠岐の地酒や島産おかしセットやご島地丼、2つなら活アワビと活サザエ、または島のごっつぉ(ごちそう)セット、3つは隠岐牛焼肉折詰。スタンプを2つ以上集めるなら2島以上で食事をすることがルール。せっかくの隠岐、美味しいものをハシゴして景品までもらっちゃおう!

島根隠岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ