観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

温泉ならでは 新名物「山鹿ジーンズ」

温泉水を使う 泉質が仕上げに最適

2018年9月、山鹿温泉に新しい名物が誕生した。それは「ジーンズ」。温泉地のイメージと一線を画すものだが誕生には温泉地だからこその発想が関わっている。

「山鹿ジーンズ」は、旅館清流荘の平井英智社長らが地域おこしに生かそうと考案。熊本県内で縫製までを行い、山鹿温泉で布地を洗って完成なのだが、最終工程のデニムのウォッシュに弱アルカリ性の水が使われることを知り、山鹿温泉の泉質が最適と、温泉水を使うことに至った。

山鹿の温泉水で洗うとほどよい色合いと柔らかみのある風合いに。追い求めていた「山鹿温泉ならでは」が実現し、購入者からの評判も上々だという。販売は市内の雑貨店「すみや荒物店」で。

山鹿ジーンズ

温泉水で仕上げた風合い
が人気の「山鹿ジーンズ」

いだてん紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ