観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

世界水準の白樺湖へ 長野県「池の平ホテル&リゾーツ」の挑戦(4) 信州の一大高原リゾート

ホテル核に四季折々の魅力

白樺リゾートは、ほかにも様々な魅力を兼ね備えている。宿泊、アクティビティ、癒し、学び―多角度からの楽しみで一大高原リゾート地を形成しているのだ。

リゾートの核となるのが、いわずと知れた「池の平ホテル」。8タイプ、全265室を備え、ファミリーからグループ、カップルまで多彩なニーズに応える、白樺湖・ビーナスライン観光の宿泊拠点だ。

池の平ホテル

白樺リゾートの核となる池の平ホテル。
玄関周辺も緑が豊か

「レイクサイドガーデン」は、白樺湖岸を整備して設けられた癒しのスポット。湖畔に設置したベンチや歩行者専用の散歩道などから、白樺湖の美しさと水辺の癒しを体感できる。

「レイクサイドプラザ」は白樺リゾートを楽しむ拠点的存在のドライブイン。信州そばやバイキングが味わえる食事処や土産物店、乗り物のターミナルなどを備える。

アートは「世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館」へ。様々な作品展示と体験でアートのひと時を過ごせる。

冬はやっぱりスキー場「池の平スノーパーク」。スキー、スノーボード、雪遊びはもちろん、動物とのふれあいも楽しめ、ファミリーでの満足度の高さに定評がある。この冬には子ども向けエリア「ポタスノーランド」がリニューアル。ソリ遊びエリアが拡大、スキー・スノーボード練習バーンが新登場するなど充実を図った。

(前の記事)世界水準の白樺湖へ 長野県「池の平ホテル&リゾーツ」の挑戦(3) ファミリーランドは50周年

長野県白樺湖 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ