観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

英傑たちの群像劇 大河ドラマ「麒麟がくる」、1月19日放送スタート

聖なる獣は誰の頭上に

「麒麟がくる」は、戦国大河ドラマとして初めて4Kフル撮影した作品で、第29作「太平記」を手がけた池端俊策さん脚本のオリジナル。

麒麟とは、王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣のこと。ドラマでは、応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは誰で、いつ麒麟が来るのかを、戦国の英傑たちが「英傑以前」であった時から一人ひとりに光を当てる。いわば、混迷とした時代の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの群像劇だ。

謎めいた半生を生き、やがて織田信長の盟友となり多くの群雄と天下をめぐって争った明智光秀に、長谷川博己さん。光秀が生涯愛した妻・熙子に木村文乃さん。若き光秀に影響を与え下克上の代名詞である斎藤道三に本木雅弘さん、本能寺の変で討つことになる信長に染谷将太さん、ライバルとなる藤吉郎(豊臣秀吉)に佐々木蔵之介さん、徳川家康に風間俊介さん。そのほか今川義元に片岡愛之助さん、光秀生涯の盟友・細川藤孝に眞島秀和さんら、豪華キャストが脇を固める。

語りは、市川海老蔵さん(20年5月に団十郎を襲名)。壮大かつ繊細な題字は、いまもっとも旬な女流書家と言われる中塚翠涛さんが手がけた。

放送は1月19日から。戦国の「一大叙事詩」が1年間にわたって繰り広げられる。

「麒麟がくる」の放送に合わせて、光秀ゆかりの岐阜県岐阜市、可児市、京都府亀岡市などでは「大河ドラマ館」が開設される。群雄が割拠した「麒麟がくる」の世界を追体験する歴史紀行が2020年を席巻する。

大河ドラマ「麒麟が来る」放送情報

総合テレビ 毎週日曜日20時から
BSプレミアム 毎週日曜日18時から(1月19日のみ17時30分から)
BS4K 毎週日曜日9時から

作 池端俊策
音楽 ジョン・グラム
語り 市川海老蔵
主演 長谷川博己

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ