観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

清水港が開港120周年 7月13―15日に開港祭も

7月13日―8月4日は「海王丸」「啓風丸」公開も

冷凍マグロの水揚げ量や、オートバイやプラモデルの輸出で日本一の清水港。16世紀以降に交易地として発展し、徳川家康も整備に力をいれた。

8月4日、清水港は1899年の近代港湾としての開港から120周年を迎える。7月13日から8月4日まで、海フェスタしずおかでは、練習帆船「海王丸」や海洋気象観測船「啓風丸」が寄港し一般公開されるほか、巡視船の体験航海も行われる。

また、7月13―15日の開港祭では、マリンパークを主会場に、式典や清水港の歴史を振り返る写真やパネルの展示、音楽イベントなどが行われる。

120周年事業として、2020年3月末まで、県内外に清水港と周辺地域、産業をPRしていく。落語家の春風亭昇太さんがPRキャプテンを務める。

静岡市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ