観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

7回目の「大地の芸術祭」に55万人 作品を恒久展示/十日町・津南

アートで楽しむ里山の旅

十日町市と津南町の里山や集落を舞台に7ー9月にかけて51日間開催された「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2018」は、期間中55万人の来場者で賑わい閉幕した。00年から3年ごとに開催し7回目となる今回は来場者、ボランティアともに海外からの参加者の多さが目立つなど、国際芸術祭としての認知度もますます高まっている。

今回も、約200の集落に作品を散在させ、アートを道しるべに里山をめぐる旅は、来場者の大きな共感を得た。今年新たに誕生したアートの幾つかは恒久展示が決まり祭り期間でなくても、エリア内で約200のアートが観賞できる。

新作で人気を集めた清津峡渓谷トンネルの作品も恒久展示される。トンネル終点の出口をアートに仕立てた作品で、インスタ映えも大きな話題になった。1月中旬から3月下旬までは冬季閉鎖の予定だが、紅葉と積雪時に作品がどのように変化するかも楽しみだ。

清津峡渓谷トンネル

人気を集めた清津峡渓谷トンネルの作品

清津峡温泉に温泉旅館があるほか、湯沢温泉や松之山温泉からは車で30分ほど。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ