観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「もうひとつの新宿」の深みにハマる(1) 国宝から夜の街へ

迎賓館は一般公開 夜は「しんみち通り」へ

出発は四谷駅から。四谷と言えば、上智大学だろうか。駅を降りると学生の姿が目立つ。学生にまじって信号を渡り、まずは、昨年から一般公開が始まった国宝・迎賓館に行く。

一般公開以前は、正門から広い前庭と建物を望むことができるだけで、観光客にとっては絵に描いた餅のようで、かなり残念な存在だった。それが、一般公開が始まってからは、前庭はかなり長時間、自由に見学できるし、館内や別館の和風館もガイド付きで見ることができる。人気も上々で、東京観光のバスツアーにも早速組み込まれている。

迎賓館を見学したら、いったん四谷駅まで戻り「しんみち通り」に入ろう。この短い通りが四谷駅随一の繁華街で、けっこう賑わっている。ただ、訪ねるなら夕方以降がよさそうだ。突き当たりを右に折れ、新宿通りと並行して走る三栄通りを歩く。道は正面からの一方通行で、歩道も広く歩きやすい。

しんみち通り

四谷駅随一の繁華街「しんみち通り」

東京四谷・新宿三丁目 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ