観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

立山黒部アルペンルートの魅力は「旬の自然美」 大観峰から黒部ダムへ

色鮮やかな山の美 高山植物、観光放水も見どころ

立山黒部アルペンルートは、立山を挟んで北西側と南東側で異なる趣を持つ。富山県側から立山を越え南東へ下ると、大観峰から黒部ダムといった雄大な景観が待っている。

アルペンルート最高地点の室堂からトロリーバスで立山を越え、大観峰へ。ここから黒部平までの立山ロープウェイでは眼下一面にパノラマの自然景観が広がり、春夏の新緑、秋の紅葉と季節の美しさが目に飛び込む。黒部平園地での高山植物の観賞も欠かせない魅力だ。

立山ロープウェイ

大観峰から黒部平までは立山ロープウェイで
鮮やかな緑の世界へ

黒部ケーブルカーに乗り継ぎ、向かう先は黒部ダム・黒部湖。日本最大のアーチ式ダムは高さ186メートルで、ダムそのものと、展望台から眺める立山連峰から北アルプスの自然景観の雄大さは世に知られるところだ。6月26日―10月15日に実施される観光放水は毎秒10トン以上もの水量が豪快に放水され、轟音と舞い上がる水しぶきは大迫力。

黒部ダムからは関電トンネルトロリーバスに乗って長野県側の玄関口・扇沢まで。エリア、季節で景色が移り変わり、ルートをたどれば、その世界観に心が満たされるだろう。

立山黒部 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ