観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

但馬の小京都は「皿そば」

あなたは何枚食べられるか 食べ歩きも

但馬観光の立ち寄りの定番、豊岡市出石町。日本最古の時計台として知られる辰鼓楼や出石城跡のもとに広がる城下町は「但馬の小京都」と呼ばれる風情に満ちている。

立ち寄り観光客をとりこにさせるのが名物「皿そば」。地元工芸品、出石焼の小皿にそばを盛り付けた独特のスタイルで食べるもので、町中には多くのそば店が軒を連ね、活気に満ち溢れる。

皿そばの食べ歩きにおすすめが「出石皿そば巡り巾着セット」(1800円)。巾着には地域通貨の永楽通宝が3枚入っており、好みの3つのそば店で一人前3皿のそばを食べられる。特産「出石ちりめん」を使った巾着はお土産に。

出石家老屋敷や出石史料館、出石明治館、出石永楽館、出石温泉乙女の湯などの入館料金が割引になるほか、いずし観光センター、出石びっ蔵で買った土産品が5%割引になるなど特典も付く。

購入は、いずし観光センター内にあるいずしトラベルサービス 電話0796—52—4960へ。

北近畿兵庫但馬 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ