観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

歴史・癒し・美に包まれて―ゆったり安来時間(2) 足立美術館・加納美術館・さぎの湯温泉

世界が認めた日本一の庭園 足立美術館

日本画の巨匠・横山大観をはじめとする近代から現代の日本画、陶芸など1,500点のコレクション。米国庭園専門誌のランキングで「15年連続日本一」に選ばれている日本庭園。フランスの旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』でも最高評価の「三つ星」として掲載されています。美に抱かれて、当地で盛んな茶文化に浸る抹茶は至福の一服です。

安来市古川町320 9~17時30分(秋冬は17時まで)、年中無休。大人2300円。http://www.adachi-museum.or.jp/

足立美術館

人間国宝の名碗による一服 安来市加納美術館

人間国宝の作品を含む約330点を有する日本屈指の備前焼のコレクション。茶室・如来庵では毎月、これらの作品に触れながら一服が楽しめます。生涯に渡り平和な世界を志向した加納完蕾(かんらい)の絵画も必見。

安来市広瀬町布部345-27 10~17時、火曜(祝日の場合は翌日)および年末年始・展示替え時休み。「名碗を愉しむ会」は入館料含め2500円。http://www.art-kano.jp/7

安来市加納美術館

歴代藩主も愛した源泉かけ流しの名湯 さぎの湯温泉

その昔、白鷺がこの湯で脚の傷を癒した伝説の残るかけ流しの温泉。古くは戦国時代の尼子氏をはじめ、歴代藩主の御殿湯として栄えたことでも知られています。足立美術館や安来節演芸館に近接し、宿泊拠点としても便利です。泉質は含放射能ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉。無色透明のサラッとした肌ざわりの湯は神経痛や筋肉痛など適応症も多く、国民保有温泉地に指定されています。どの旅館に泊まっても、毎分600リットルの豊富な湯量を誇る温泉を24時間たっぷりと楽しめます。

【さぎの湯荘】 安来市古川町478-1 0854-28-6211
【竹葉】 安来市古川町438 0854-28-6231
【安来苑】 安来市古川町478 0854-28-6262
【夢ランドしらさぎ】 安来市古川町835 0854-28-6300
【ふれあいプラザ】 安来市古川町848 0854-28-6477

さぎの湯温泉

島根安来 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行石川編

新幹線開業でもはや首都圏からも流れが確立された北陸。2023年には敦賀延伸も予定されており北陸...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ