観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

至福の冬がやって来た(2) 王者・松葉ガニ

漁場から港の近さが秘けつ

京都丹後の冬を彩る、冬の味覚の王者・松葉ガニ。山陰沖で獲れる新鮮なカニは、きめ細やかで輝く白い身に濃厚な旨みが凝縮、食通の舌をも魅了する。天橋立をはじめとする旅館ホテルや民宿ではフルコースを提供。カニの匂いが充満するまちにファミリーやグループ客が押し寄せ、一年で一番の活況を呈する。

丹後の水揚げ港は間人(たいざ)や宮津、舞鶴港。夜に各港を出港、翌朝には戻るため鮮度抜群の松葉ガニが港を賑わせる。水揚げ後は高品質のものが選び抜かれ、各港でブランドガニが誕生。なかでも間人のカニは全国的に知られる。このカニが天橋立などの旅館ホテルに直送される。

松葉ガニは素材そのものを味わうことが一番。ゆで、焼き、蒸しと単純な調理法が定番だ。殻をむくと繊細な白い身が姿を現し、口の中へ放り込めば、濃厚な旨味、独特なコクに心を奪われる。

フルコースは焼き、蒸し、そしてカニすきを皆でつつき合うのがお決まり。一心不乱にカニを食べ、無言になってしまうのが北近畿の風物詩と言っていい。オプションにカニ味噌や甲羅酒、カニの天ぷらと充実のラインナップ。カニすきで旨味が凝縮された雑炊で締めれば、満足度は最高潮する。

松葉ガニシーズンは漁が終了となる3月ごろまで。新鮮な旨味は現地でこそ。

北近畿丹後宮津 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ