観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

瀬戸内国際芸術祭、19年春開幕 「小豆島アート紀行」が実現

新作加わり島内各所に見どころ

「瀬戸内国際芸術祭」は、瀬戸内海に浮かぶ12の島と香川県・高松港、岡山県・宇野港周辺を会場に、2019年4月26日に開幕する。小豆島はその舞台のひとつとして今回も参加。国内外に「瀬戸内海=アート」というイメージを確立させたビッグイベントの再登場で、今回も多くの来島が期待される。

瀬戸内国際芸術祭は3年に一度の開催。“海の復権”をテーマに、過疎化に悩んでいた島々にアートという光を当て、地域を活性化しようというものだ。島そのものをアートの舞台とする斬新さは多くのファンをつくり13年開催、16年開催は100万人超が来場。国内外に瀬戸内海の新たなブランドとして強く発信、浸透させるに至った。

会期は、今回も春・夏・秋の3期に分けて開催。春(4月26日―5月26日)、夏(7月19日―8月25日)、秋(9月28日―11月4日)の合計107日間の開催となる。

会期ごとにテーマを設定。春はアーティストや地域住民が作品制作を通して交流を深める「ふれあう春」、夏はアジアからアーティストやパフォーマーを招いてアジアとのつながりを深めるほか、日本全国や世界から集う旅行者と交流を生み出す「あつまる夏」、秋はフィナーレに向け全会期中最大の会場数で作品展示を展開、地域再生の縁を築く「ひろがる秋」をテーマに展開する。

作品はこれまでの開催以降も島に展示され続けている既存作品に加え、新規プロジェクトも設置。来場者の滞在先となる瀬戸内海エリアの宿泊施設との連携や、芸術祭鑑賞ツアーの設定など受入体制も整備する。

小豆島では、今回の新作はこれから発表となるが、継続展示の作品は小豆島のシンボルのひとつとして定着。小豆島の玄関口・土庄港では、オリーブの王冠をかたどったオブジェ「太陽の贈り物」が来島者を出迎える。坂手港の灯台跡地には「スター・アンガー」。光り輝く球体に、水の神様・龍が乗ったモニュメントは必見だ。

太陽の贈り物

土庄港にあるオリーブの王冠を
かたどった「太陽の贈り物」

坂手港フェリー待合所に描かれた「小豆島縁起絵巻」や、醤の郷のオリーブ畑のオブジェ「オリーブのリーゼント」などもあり、現代アートが小豆島を彩る。中山千枚田や寒霞渓など“絵になる風景”もあわせて巡れば、小豆島アート紀行のできあがりだ。

香川小豆島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ