観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

中津川で体験する“秋の実り” 名物栗きんとん絞りや収穫体験

旬の味覚と食文化を味わう

岐阜県東部に位置する中津川市。2027年に開業が予定されるリニア中央新幹線で新駅が設置予定で、今後観光発展が期待される注目のエリアだ。観光の旬はズバリ秋。栗きんとん発祥の地とされているように、秋の実りと地域固有の食文化を求めて、例年多くの観光客が訪れる。

欧州原産の野菜ちこりを栽培する農業教育観光施設「ちこり村」では9月から12月上旬にかけて、栗きんとん絞り体験が楽しめる。中津川伝統の和菓子は、中津川の秋の顔。地元のおばあちゃんを講師に、栗きんとんのあんからオリジナルの栗きんとんを作る。作った栗きんとんは包装紙で包み、化粧箱に詰めてお土産に。

実施日は期間中の土日祝日。1日2回。定員は40人だが、100人以上なら入れ替えで対応する。料金は大人1600円。団体割引あり。

体験は8年前から始まり、今年はすでに3500人以上から申し込みがあるという人気ぶりだ。

問い合わせは同村 電話0573―62―1545。

観光農園「山本農園」では、秋の収穫体験を。栗拾い体験は9月上旬―10月中旬まで楽しめる。国見、金華、紫峰など様々な品種があり、拾った栗はお土産にできる。料金は大人1600円で、完全予約制。大人は1キロの栗、子どもや幼児は果物がお土産としてつく。

ぶどうの収穫・食べ放題は10月中旬まで。デラウェアやナイアガラなど多品種のぶどうが揃う。制限時間1時間で大人900円。

りんごの食べ放題は10月上旬―11月中旬。ふじや陽光などの品種をもぎとり、心ゆくまで。料金は大人800円。

問い合わせは同園 電話0573―69―3355。

道の駅きりら坂下では食文化体験が充実している。中津川産そば粉を使ったそば打ち体験は年間5千人以上が参加する人気企画。料金は2人前2500円から。

県東濃地域周辺の郷土料理「五平餅」作り体験は、中津川産コシヒカリを使って、地元のお母さんたちの指導で本格な味わいを再現する。料金は2700円から。

8月からは新しく饅頭作り体験がスタート。五輪饅頭、そば饅頭、酒蒸し饅頭から選んで、手作りの饅頭を作る。料金は2400円から。

問い合わせは 電話0573―70―0050。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ