観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

森林鉄道からゆずロードへ 中芸の歴史物語が日本遺産に

地域の営みの物語を体感

地域の文化財をまとめ、その風土の物語を認定することで観光振興につなげる文化庁の「日本遺産」。今年度の認定で、高知県からは中芸地域5町村の「森林鉄道から日本一のゆずロードへ―ゆずが香り彩る南国土佐・中芸地域の景観と食文化」が選ばれた。林業からゆず栽培へと至る地域の営みの物語。豊かな自然に分け入り、独自の文化を肌で感じたい。

日本三大杉美林のひとつの杉林が広がり、清流が流れる。中芸地域は古くから林業が盛んで、木材運搬用に魚梁瀬森林鉄道がエリアをつなぎ、地域に繁栄をもたらした。戦後、林業に変わる産業として頭角を現したのが「ゆず」。地元出身の幕末の志士・中岡慎太郎も栽培を奨励したとされ、今では日本一の生産量を誇るまでになった。

この物語には、旧魚梁瀬森林鉄道関連施設や国有形文化財の商家邸宅から林業の繁栄の歴史を学び、現役のゆず畑の景観や、固有の食文化であるゆず料理に舌鼓を打つことで入っていける。

五味隧道

馬路村の五味隧道は
魚梁瀬森林鉄道の遺構

圏域の奈半利町、田野町、安田町、北川村、馬路村にはストーリーの構成文化財や体験が並ぶ。ゆずの香りと彩りに満ちた風土を訪ねて中芸へ。

四国高知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ