観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

光秀生誕の地・岐阜可児(2) 「麒麟がくる」大河ドラマ館も開設

ドラマと史実をかけ合わせた世界観

「明智光秀博覧会2020in可児市」の中核をなす「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」も1月11日にあわせてオープン。ドラマの主人公・光秀と、それを取り巻く戦国武将たちについて紹介。多彩な展示や体験を通してドラマの世界観を体感できる。

館内では、光秀を演じする主演の長谷川博己さんをはじめ登場人物とキャストを紹介。ドラマに登場する年表や人物相関図も展示し、史実とドラマの世界をかけあわせて「麒麟がくる」の魅力を伝える。

また、ドラマで登場する衣装や、ドラマ風景のジオラマを展示。ドラマのワンシーンになりきって撮影ができる“フォトジェニック”コーナーなど体験企画も用意して、戦国時代と大河ドラマの世界を体感してもらう。

麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館

麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館

「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」の
ドラマ衣装展示コーナーと映像コーナー(イメージ)

可児市の大河ドラマ館では、ドラマの世界における明智荘に触れることが要チェックポイント。キャストへの応援メッセージも受け付け、ドラマの世界により親しめる空気感を醸成する。

21年1月11日までの会期で、来館者目標は30万人。会場の花フェスタ記念公園の年間来園者数が約40万人で推移していることを考えると、市にとって“勝負”のビッグイベントといえる。

会場は同公園「花のミュージアム ミュージアムホール」に設置。開館時間は9―17時。入場料は大人500円・団体400円、小中高生200円・団体160円。

岐阜可児 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ