観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

バラのライトアップ 河津バガテル公園、DC期間に夜間開園

絵画的な美しさを

本格的フランス庭園に6千本のバラが咲き競う河津バガテル公園。静岡DC期間中の特別イベントとして5月19、20日、6月2、3日の4日間、夜間開園し18時―20時30分の時間帯、バラ園をライトアップする。通常は16時30分に閉園する。夜のバラ園を観賞するめったにないチャンスだ。

河津バガテル公園

本格的なフランス庭園に6千本のバラが咲く

河津バガテル公園は、パリ市にある「パリ・バガテル公園」の姉妹園で、造園はパリ市の緑地公園管理局の専門家の指導のもと行われた。3ヘクタールの敷地に1100品種、6千株のバラが植栽されている。園芸スタッフのバラ栽培技術もトップレベルで、日本のみならず世界中のバラ愛好家からも注目を集めている。

ローズガーデンとしての特徴は、スタンダードタイプのバラを中心に、周りにブッシュタイプのバラを植栽することによる2品種がかもしだすリズムにある。これにフランス式庭園のもう1つの特徴でもある左右対称、幾何学模様をつくりあげることで、絵画的な美しさを表現している。

4月の早咲きのオールドローズに始まり、5月から11月にかけて咲くモダンローズには、バガテル国際バラ新種コンクールで受賞した品種も多く含まれている。

静岡県伊豆 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ