観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「ものづくりの街」を発信 大田区観光情報センター、インバウンドにも対応

訪日客へ日本文化の魅力伝える

2015年12月、京急蒲田駅直結の商業施設「ウィングキッチン京急蒲田」内にオープンした大田区観光情報センター。観光案内所としてだけではなく、大田区のショーケースとして、ものづくりの街、大田区の情報発信を行っている。

まずは観光案内。「どこで食べる、どこで買う、どこに行く」といった観光客の質問に対応する。国内で最初に特区民泊が始まった大田区で、外国人旅行者からはホテルへの行き方に加え、民泊施設への道順の質問もある。滞在中、毎日のように訪れる外国人旅行者もいるという。

和の設えの文化体験コーナーを併設しているのもセンターの特徴。着物の着付け体験は有料の本格的なものから、スタッフのサポートで記念撮影用に羽織る程度の無料サービスもある。茶道、華道、書道の体験などを不定期で行っている。クリップボードに貼られている、和服を着た外国人旅行者のインスタント写真は、どれも嬉しそうだ。

大田区観光情報センター

大田区観光情報センターに併設している
和の設えの文化体験コーナー

取材当日は大田区役所に籍を置く英国人講師による「外国文化の体験プログラム」が、区内の小学生を対象に夏休みワークショップとして行われていた。参加した小学生からは「フィッシュ&チップスってどんな食べ物」「イギリスの冬の天気は」などの質問がされていた。

センターは大田区の特産品の紹介と販促活動も行っている。「下町ボブスレー」でも知られる大田区は、ものづくりも盛ん。和・洋菓子や蒲田切子といった工芸品もある。センターではこうした工芸品を展示・販売しているほか、住民に対し地元の特産品や地域の名店の紹介にも力を入れている。最近では、大田区の情報を知ろうと繰り返し訪れる区民も多く、実家への帰省の際に、大田区の特産品をお土産にする区民も増えている。

東京大田区 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ