観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鮭の伝統漁法に見入る/村上

「居繰り網」と「コド」

鮭が遡上するのは市内の川。10月から12月にかけて三面川と大川で鮭の伝統漁法が見学できる。三面川で見られるのは、遡上してくる鮭の一括採補と「居繰り網漁」。

一括採補は鮭の増殖を目的にしたもので、川幅いっぱいに「ウライ」と呼ばれる柵を設け、2カ所だけ開けた「落し柵」と呼ばれる密柵で鮭を捕らえる。捕獲した鮭からは採卵し、人工ふ化増殖を行う。

居繰り網漁は、ウライより下流で行われる伝統漁法。2人ずつ乗った2艘の船が、川下に向かって八の字で下りながら、遡上してくる鮭を網で捕らえる。

大川では「コド漁」が行われる。川底に杭を打ち、竹や杉の皮、ヨシ、柳などを取り付けてコドと呼ばれる箱状にし、そこで休憩したり隠れたりする鮭を上からのぞきこみ、鉤で引っかけて捕まえる。鮭の習性を利用した、全国でもここにしかない漁法で、11月からの最盛期には大川の河口がコドで埋め尽くされる。

コド漁

大川で行われる「コド漁」は
全国でもここだけ

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ